Home

食料・資源経済学研究室について

 農業には大きな2つの役割があります。1つは私たちが生きていくために欠かすことのできない食料を生産すること。もう1つは私たちが快適に暮らす基礎となる水や土地などの環境と資源を管理することです。農業はGDPで測り尽くせない価値を私たちにもたらしているのです。
 食料・資源経済学研究室は、この農業の役割に注目し続けながら、ミクロ経済学の理論と計量経済学の手法をベースに、日本と世界の農業・食料問題から環境・資源問題までをカバーする幅広い研究・教育を行っています。さまざまな顔をもつ現代の農業問題を考えることで私たちのウェイ・オブ・ライフの姿を描いていきたい。研究室のモットーは"Warm Heart and Cool Head"です。

News

2018年05月27日
2018年度日本農業経済学会にてポスター賞を受賞
2018年04月01日
2018年度になりました
2017年05月12日
ホームページリニューアル
2017年03月29日
2017年度日本農業経済学会にてポスター賞を受賞